背中 綺麗にする方法

背中は汗や皮脂の分泌が多く、皮膚の厚さは顔の約5倍と言われています。また衣類で隠れる事が多いので背中ニキビができていても本人が気付いていなかったり、気付いても目立たないからと放置してしまうケースが多くあります。そうすると背中ニキビは無くならないですよね?
背中を綺麗にする方法は背中ニキビを無くす事。背中ニキビについて調べてみました。

 

背中ニキビ

 

背中ニキビの原因

 

背中ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌。背中は皮脂や汗が多く出る場所ですがお手入れの難しい場所。分泌された皮脂や汚れが毛穴を塞いでしまい背中ニキビができてしまいます。

 

チェック角質層の乾燥
肌が乾燥すると角質層が固くなって毛穴が詰まります。毛穴が詰まると汚れが正常に排出されないためニキビのできやすい肌環境になります。肌が乾燥しないように保湿が大切です。
背中の皮膚は顔の皮膚の5倍の厚さがあると言われているので保湿力の高いニキビケア用品をおすすめします。

 

 

チェック石鹸やシャンプーの洗い残し
意外に気付かないのが石鹸やシャンプーの洗い残しです。キチンと流したつもりでもの背中に残っている場合があるので背中に石鹸やシャンプーの洗い残しがないよう意識して流して下さい。そして肌に直接触れる肌着は通気性・吸湿性良いものを着用しましょう。

 

 

チェック男性ホルモン
「男性ホルモン」と聞くと男性しか持っていないように思いますが、実は女性も少量の男性ホルモンを持っています。男性ホルモンは皮脂腺を刺激する作用があり、皮脂の過剰分泌を引き起こします。排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり、やがて毛穴を塞いでしまいます。ストレス・睡眠不足・食生活の乱れは男性ホルモンの分泌量を増加させるのでニキビが気になる方は食生活の見直しと十分な睡眠をとるように心がけましょう。

 

 

背中ニキビは衣類で隠れる事もあり、ケアをするにも手が届かずに放置してしまいますが生活習慣を変える事で改善できる事があります。バランスの取れた食事と睡眠をとる。入浴時は背中に石鹸やシャンプーが残らないように綺麗に流す。肌着や衣類は通気性・吸収性の良いものを着用する。

 

そして大切な事は十分な保湿。角質層が乾燥しないように高い保湿力のジッテプラスがおすすめです。

 

 

背中綺麗にする方法.net トップ>>>